みなさん、こんばんは!

さて、デルタ航空日本語サイトにて2015年1月1日からスタートとなる
デルタ スカイマイルアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード


2015年スカイマイルプログラムが発表されておりますので重要な点をご案内しておきたいと思います。

■必要マイルのさらなる細分化

これまでデルタ航空のスカイマイルでは必要マイルがセーバー、スタンダード、ピークの3つにわかれておりました。最も少ないマイルで特典航空券に交換できるのがセーバーで、スタンダード、ピークと必要マイルが多く必要となります。

これが2015年1月1日より5つにさらに細分化されることになります。

レベル1(旧セーバー)

レベル2

レベル3(旧スタンダード)

レベル4

レベル5(旧ピーク)

レベル1は最も少ないマイル数で特典航空券に交換することができますがその分空席を見付けるのが難しいということになります。

デルタ航空では、レベル1の特典座席を増やすと言っておりますが中々予約を取るのは難しいと思います。

■必要マイルの変更(片道)

1月1日より特典航空券の交換に必要なマイル数が多くのエリアで増加します。

アジア北部  15000マイル→17500マイル

米国     35000マイル→35000マイル

ハワイ    27500マイル→30000マイル

ヨーロッパ  45000マイル→50000マイル

南アジア亜大陸37500マイル→40000マイル

東南アジア  22500マイル→22500マイル

南西太平洋  35000マイル→35000マイル


<アジア北部>

中国、香港、日本、韓国、北朝鮮、ミクロネシア、フィリピン、台湾、ロシア(ウラル山脈の東)、グアム、サイパン。

<東南アジア>

ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マカオ、マレーシア、モンゴル、ミャンマー、パプアニューギニア、シンガポール、タジキスタン、タイ、東ティモール、トルクメニスタン、ベトナム


<南西太平洋>

アメリカ領サモア、オーストラリア、クリスマス島、ココス(キーリング)諸島、クック諸島、フィジー、フランス領ポリネシア、キリバス、ナウル、ニューカレドニア、ニュージーランド、ニウエ、ノーフォーク諸島、ピトケアン島、サモア、ソロモン諸島、トケラウ、トンガ、ツバル、バヌアツ、ウォリス・フツナ諸島。


<南アジア亜大陸>

アフガニスタン、バングラデシュ、ブータン、英国領インド洋、インド、モルディブ、ネパール、パキスタン、スリランカ


■特典航空券の片道利用

これまではデルタ航空のスカイマイルの特典航空券は往復航空券でしか交換できませんでしたが2015年1月1日予約分より半分のマイル数で片道特典航空券と交換できるようになります。

2015年スカイマイルプログラムで唯一の改善点かもしれません。

現在、多くの方は日本500マイルキャンペーンでスカイマイルを貯めているのではないかと思いますが片道利用が可能となることでより早く特典航空券の交換ができます。

アジア地域限定となりますが、片道はLCCなどを利用して組み合わせることもできますね。



詳しくはこちらトラコミュマイレージ

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ