みなさん、こんばんは!

さて、JALは2015年2月1日発券分より適用となる国際線にかかる燃油サ^チャージ
JALカードよりお得な2枚持ちのカードの活用法⇒詳細こちら




改定を申請しました。


JALでは、燃油サーチャージ額を2カ月ごとに、直近2カ月間の燃油市況価格平均に基づき見直しています。

2014年10月から11月のシンガポールケロシン市況価格2カ月平均は、1バレルあたり99.07米ドルでしたため2月1日〜3月31日に適用する燃油サ^チャージをZone D(90ドル基準)の金額に改定します。

今回の改定は、ここのところの原油価格の急落を反映したしたもので前回適用されたゾーンFから2段階の値下げとなっております。



■燃油サーチャージ額

◎適用期間:2015年2月1日以降の発券分より2015年3月31日まで

◎運賃額:(片道)

・韓国・極東ロシア            2000円⇒1000円
・中国・香港・台湾・マカオ        5500円⇒3500円
・ベトナム・フィリピン・グァム・サイパン 6500円⇒4000円
・タイ・シンガポール・ミァンマー    10500円⇒6500円
・ハワイ・インド・インドネシア     13500円⇒8500円
・欧州・北米・中東・オセアニア     21000円⇒14000円

しかし、これだけ安いゾーンの燃油サーチャージも久しぶりではないでしょうか。マイルを貯めて特典航空券で利用したい。でも燃油サーチャージが高くてどうしようと悩んでいた方も多いかと思います。

今回の値下げでより特典航空券が利用しやすい状況となりましたね。


詳しくはこちらトラコミュマイレージ

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ