みなさん、こんにちは!

さて、ANAとダイナースクラブカードの提携カードであるANAダイナースクラブカードは

ANAダイナースクラブカードは、現在、20周年記念キャンペーン第2弾を実施中で、最大20000マイルと羽田空港国内線のANAラウンジ券を最大2枚をGetできる内容となっております。

概要を説明すると、ANAダイナースクラブカードの発行・利用で最大ANA25000マイル10000マイル、ANAラウンジ券1枚。また、ビジネスアカウントカードを発行・利用で同様の特典を与えられます。よって、ビジネスアカウントカード側でも最大10000マイルとANAラウンジ券1枚がもらえることになります。

ということで最大50000マイル22000マイル、ANAラウンジ券2枚をGetできます。(ANAカードの通常入会2000マイル含む)

■ANAダイナースクラブカード

◎年会費:27000円(家族カード6000円)

◎マイル:100円で1P(1P=1マイルに無料で以降可能)

◎Edyチャージ:Edyチャージ200円で1P(1マイル)

*Edyチャージでマイルが貯まる貴重なカードです。

ANAダイナースクラブカードは、ANAとの提携カードとなりますので、ポイントをマイルに移行する場合の加入しなければならないグローバルマイレージ(年会費6000円)に加入する必要がありません。従って、通常のダイナースクラブカードのようにカード年会費と別にグローバルマイレージ参加費や移行手数料がかからないところが最大のメリットですね。

■20周年記念キャンペーン内容

◎期間:6月1日〜9月30日(延長)

◎通常入会:2000マイル(継続マイル2000マイル)

◎特典1

・入会3か月以内に5万円以上の利用で5000P(マイル)
・入会3か月以内に30万円以上の利用で10000P(マイル)
・入会3か月以内に60万円以上の利用で10000P(マイル) +国内ANAラウンジ券1枚

合計25000マイル(最大)  

<訂正> 上記は合計されないそうです。失礼いたしました。

特典1で獲得できるマイルは10000マイル

◎特典2

1年間に120万円以上のカード利用をして次年度のカード年会費を支払うと15000P(マイル)

ということは、通常の継続ボーナス2000マイルとあわせると17000マイルをGetできます。

ANAダイナースクラブカードのマイル移行

■ビジネスアカウントカードとは

ビジネスアカウントカードは、個人カードに追加して発行できる経費専用カードです。年会費も個人カード年会費に追加して2000円で保有することができます。

実は、このカードは、ダイナースクラブカードでの新規発行は昨年停止しており、新たにビジネスカードとなっております。ビジネスカードとなると年会費も27000円もするのでお勧めできませんがアカウントカードなら年会費2000円と格安で保有することが可能なんです。

アカウントカードの新規発行は停止しておりますが、例外として下記の提携カードでは発行が可能なっております。

ANAダイナースカード
JALダイナースカード
デルタ スカイマイル ダイナースクラブカード
MileagePlus ダイナースクラブファースト
MileagePlus ダイナースクラブカード
BMW ダイナースカード
ニューオータニクラブ ダイナースカード



20周年記念キャンペーン第2弾を6月1日〜9月30日で実施しております。

しかも、今回のキャンペーンでANAダイナースクラブカード発行と同時にビジネスアカウントカードを発行すると、キャンペーン特典が同様に与えられるお得な内容となっております。
つまりANAダイナースクラブカードのキャンペーン特典が2倍になる可能性があるということになります。(カード毎の条件クリアが必要)

ということは最大で50000ポイント(5万マイル相当)20000マイル+ANAカード通常入会2000マイルの計22000マイルとANAラウンジ利用券が2枚いただけるという大変お得な内容というわけですね。

ANAダイナースクラブカードは年会費27000円ですのでけっして安いというわけではありませんが、+2000円の年会費で50000マイル22000マイル、ANAラウンジ券2枚、次年度分として32000マイル(15000P×2+2000マイル)もGetできるのは大変お得かと考えます。




にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ