みなさん、こんにちは!

さて、台湾のフラッグキャリアであるチャイナエアラインとJCBが提携したCALJCBカード



をご案内します。


■チャイナエアライン

チャイナエアライン(中華航空)は、台湾のフラッグ・キャリアで、スカイチームの一員であります。

また、成田以外から札幌(新千歳空港)・名古屋(中部国際空港)・大阪(関西国際空港)・広島(広島空港)・福岡(福岡空港)・宮崎(宮崎空港)・沖縄(那覇空港)にも台北線を乗り入れておりますので、地方の方が台湾に行くのには非常に便利ですね。

マイレージプログラムであるダイナスティフライヤー(プログラム)は、路線によっては特典航空券への交換に必要なマイル数が多いことから人気はないですが、利用次第ではお得に活用することができます。

例えば、、、

台北経由で東南アジアの必要マイルは35000マイルですので日系と大きな差はありませんね。台湾・や香港まででも35000マイルですので台湾以遠の路線がお得といえます。

また、アジア路線でビジネスが5万マイルで利用できたり、ファーストクラスでも9万マイルで利用できるのはお得といえます、

特にファーストクラスは、私を含め、ほとんどの方は、お金を出して乗るような機会は人生で1回もない可能性の方が多いでしょうから、まさにマイレージの醍醐味を味わうことができるいえます。


*ダイナスティ必要マイル数
*ダブルでマイルが貯まる!チャイナエアラインのコーポレート・マイレージ・プログラム


■CAL JCBカード

本年7月にチャイナエアラインは、JCBと提携して日本で初となる直接チャイナエアラインのマイルが貯まるCAL JCBカードの発行を開始しております。

これまでも、アメリカンエキスプレスのポイントを交換して貯めることはできましたが、専属提携カードは、日本では、このカードだけです。

カードカードの種類は、ゴールドカードと一般カードの2種類が用意されており、ゴールは100円で1.5マイル、一般カードは100円で1マイルのショッピングマイルが貯まります。

<内容>

◎年会費

ゴールドカード:12600マイル

一般カード:1312円

一般カードは、1312円で100円で1マイルが貯まりますので日系に比べ低コストで保有することができますね。

◎特典

1.公式ウェブサイトで航空券を購入すると、ショッピングマイルに加えてご購入金額の25%のボーナスマイルが加算されます。

2.機内販売でCAL JCBカードを利用すると、10%の割引となります。

3.海外旅行で最高1億円、国内旅行で最大5,000万円の傷害保険が付帯(ゴールドカードの場合)、一般カードでも最高3000万円の補償が付いております。

4.国内主要空港内やハワイ・ホノルル国際空港内の会員専用ラウンジなどの利用が可能(ゴールドカードの場合)


■誕生記念キャンペーン

◎期間:2013年10月16日〜2014年1月31日

*2014年2月28日(金)までにカードが発行された方が対象となります。

◎利用期間:2013年10月16日〜2014年4月15日


◎特典

1.初年度年会費全額キャッシュバック

ゴールド 12600円

一般カード 1312円

2.入会ボーナス

ゴールド 2000マイル

一般カード 1000マイル

3.利用ボーナス(15万円以上)

ゴールド 3000マイル

一般カード 2000マイル

2014年6月10日までに15万円利用のカード利用をした方が対象となります。


15万円のショッピングマイルを含めると初年度無料で最高7250マイルをGetすることができますね。


4.航空券購入分のマイルが3倍

2014年6月30日までにチャイナエアラインのHPから航空券を購入した分のショッピングマイルが3倍となります。

通常、ゴールドは100円で1.5マイルですので3倍ですと100円で4.5マイルも貯まることになりますね。

一般カードだと100円で3マイルとなります。

詳しくはこちらトラコミュマイレージ


にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ