みなさん、こんにちは!

さて、漢方スタイルクラブカードが今年の2月にANAマイルへの交換レートを




アップしてから、急速に陸マイラーに人気がでてきた電子マネーnanaco。

陸マイラー的には、既に終わったと言えるEdyには詳しくても実はnanacoは、まだ利用したことのない方の方が多いのではないでしょうか?

そこで、クレジットカードチャージをした時のnanacoをセブンイレブンなどで利用する時に誰もが一度は体験しそうな注意点をご案内しておこうと思います。


■クレジットカードチャージしたnanacoを利用する時の注意点


まだnanacoカードを保有していない方は、セブンイレブンやイトーヨーカドーなど(nanacoが利用できるお店とサービス)でnanacoカードを発行してください。(発行手数料300円)

店頭で発行する時に、現金チャージを勧められますが、ハッキリとNOと言ってくださいね。^^

但し、発行手数料300円がどうしてももったいないというケチケチ陸マイラーの方は、この限りではありません。(無料で発行する方法

さて、めでたくnanacoカードが発行できましたら急げクレジットチャージだ、、、と焦る気持ちははわかりますが、入会から10日後の朝6時以降まで待たないとクレジットカードチャージはできません。

この約10日間が実に待ちどうしく長いんですね。

期限がまいりましたらさっそくnanacoサイトで会員ログインをしてクレジットカードの登録をします。

登録後、クレジットチャージが可能になります。


<1回のチャージ金額>

・1回のチャージ範囲: 5,000円以上、29,000円まで
・単位:1,000円

なお、nanacoへのチャージは最大で50,000円まで可能です。


漢方スタイルクラブカード(JCBブランド)でチャージをすれば、チャージした時点で100円で1マイル超のANAマイルを貯めることが可能となります。(還元率詳細

で、クレジットカードチャージをしたnanacoカードを持ってお店に行き、支払いはnanacoでね。と言うと店員にこう言われます。

「残高が0なんですが、、、、、、。今チャージしますか?」

あなたは、「えっ!えっ!たった今チャージしたばかりなのでそんなことありませんよ」

と答えることでしょう、、、、たぶん。

そして、「もしかしてクレジットカードチャージは反映されるのに時間がかかるのかもしれない、、、そうだ来るのが早すぎたんだ。明日にすればよかった。」

と瞬間的に考えるかもしれません。たぶん。

なんで、こんな事が起こってしまうのでしょうか?

それは、クレジットカードチャージをしたnanacoを利用する時に必ず言わないといけない一言があるからなんです。

それは、支払いをする時に、、まず、「残高確認をしてください」という言葉を投げかけないといけないんです。

クレジットカードチャージをした金額は、センターお預かりの電子マネーになりますので、反映させるのに残高確認が必要になるんですね。残高確認をしてもらうと即反映されます。

店員の方がnanacoに詳しい方なら機転を利かせて残高確認をしてセンター預かりの反映をする場合もあるのかもしれませんが、クレジットカードからチャージの事は知らない方の方が多いと思いますのでご注意くださいね。

*セブン銀行のATMでの残高確認をするとチャージした金額が反映されることが判明しました。今後は、ATMでの残高確認をして反映後にご利用ください。

実は、これ私の失敗体験です。^^

この事は、nanacoサイトにログインしてクレジットカードチャージの箇所に小さく赤字で記載されておりましたので、よく読まなかった私が悪かったのですが。

nanacoは、セブンイレブンでほとんどの支払いが可能な電子マネーです。コンビニ収納払いも可能ですので税金などの支払いをnanacoで行えば間接的にクレジットカード払いでマイル(ポイント)を貯めることが可能になります。

nanacoサイトはこちらトラコミュマイレージ

ブログランキング・にほんブログ村へ