みなさん、こんばんは!

さて、JALマイレージバンクは、2013年から順次リニューアルを実施すると



発表しました。

先般、ANAがリニューアルして空マイラーから悪評でしたが、JALのリニューアルはどうなるのでしょうか。

重要なリニューアルは、下記となります。


■国際線フライトマイルの積算率を変更


国際線フライトマイルの積算率を2013年4月1日搭乗分から変更します。

内容は、割引運賃のダイナミックセイバーは、3つの積算パターン(予約クラス別)になります。

もちろん、高い運賃の方が積算率が上がり、安い運賃は下がるという変更です。

特に運賃額が安く設定されるJALエコノミースペシャルは、現在の50%から30%に積算率が下がります。


■JALカード会員限定ボーナスマイル計算式の変更

現在の計算式=区間マイル×ボーナスマイル積算率

4月以降の計算式=区間マイル×利用運賃のマイル積算率×ボーナスマイル積算率

と新しく、計算式の中に利用運賃のマイル積算率が入ります。

より高い運賃の乗客を優遇するということですね。


■JMB FLY ONプログラム制度の一部変更

JMB FLY ONプログラム制度の一部変更では、主として3つの重要な変更があります。


1.マイルUPボーナスの計算式が変更


現在の計算式=区間マイル×ステイタス別積算率

4月以降の計算式=区間マイル×利用運賃のマイル積算率×ステイタス別積算率

と計算式が変更になります。

もういいですね。^^ 安い運賃の乗客より高い運賃の乗客に厚くという、ある意味これまでなかった方がおかしいのかと、、、。


2.ステイタス別積算率の変更(アップ)


ダイヤモンド会員:125%⇒130%

JGCプレミア、サファイア会員:100%⇒105%

クリスタル会員:50%⇒55%

とアップ致します。

エリート会員のステイタス別積算率はアップとなります。高い運賃だろうが、安い運賃だろうが実際に多くの搭乗をして獲得したエリート会員ですので納得です。

3.FLY ONポイント換算率の変更

FLY ONポイントの計算において、これまで、国際線では中国・香港のみが1.5倍換算されていましたが、新しくアジア・オセアニアも1.5倍に換算されます。

・日本国内線:2倍

・国際線中国・香港・アジア・オセアニア:1.5倍

・国際線その他:1倍


ANAよりは、マシなのかもしれませんが、高い運賃客(ビジネス客)重視路線は同じようですね。


詳しくはこちらトラコミュマイレージ

ブログランキング・にほんブログ村へ