みなさん、こんにちは!

さて、アメリカン航空(AA)の親会社であるAMRコーポレーションは11月29日、
日本の民事再生法に当たるチャプター11(連邦破産法11章)の適用を申請しました。

航空業界における競争力強化と長期的な存続のために決定したと説明しており、アメリカン航空(AA)とアメリカン・イーグル(MQ)の運航は問題なく継続すると発表しております。

アメリカン航空(AA)は、米系大手航空会社としては唯一、チャプター11の適用を申請をしていない航空会社でしたが、2010年は15億米ドル、2011年は4億7000万米ドルの赤字を計上ました。

なお、マイレージプログラムもこれまでと同様に維持されるとのことです。

アメリカン航空は、JALと共同運航や経営ノウハウの共有などで提携しております。

JALにとって学ぶ先が、破産したことで、LCCが台頭してきた世界の航空業界での生き残りは、予想以上に険しいと実感します。

詳しくはこちらトラコミュマイレージ

ブログランキング・にほんブログ村へ