みなさん、こんばんは!

さて、特典航空券の必要マイル数アップで大批判を受けている、デルタ航空は、4月からの燃油サーチャージを変更すると発表しております。


デルタ航空の燃油サーチャージの見直しは、2ヶ月毎に航空燃油(シンガポールケロシン)価格を確認し、予め設定された条件額を下回った場合、もしくは上回った場合、翌々月1日からの変更を関係国政府に認可申請します。

今回は、原油の高騰を受けて、2011年4月より日本発着便の燃油サーチャージを大幅にアップ致します。


■2011年4月1日発券分より(1旅客1区間片道当たり)

日本−北米:14000円→17,500円
日本−フィリピン:4000円→5,000円
日本−中国・台湾・香港:3500円→4,500円
日本−韓国:1000円→1,500円
日本−タイ・シンガポール:6500円→8,500円
日本−ハワイ:6000円→11,000円
日本−ミクロネシア(グアム・サイパン・パラオ):3000円→5,000円

日本−中南米については、別途に燃油サーチャージを設けています。2011年3月31日発券分までは片道15,000円、2011年4月1日発券分からは片道18,500円となります。

人気のハワイなどは、往復で1人22000円もかかることになります。

家族数人ですと一人分のツアー代ぐらいかかりますね。

しかし、デルタ航空の特典航空券には、燃油サーチャージがかかりませんので、特典を利用しましょう。

その前に、デルタで人気路線の特典をローマイルで取れるかどうか疑問ですが、、、。

詳しくはこちらトラコミュマイレージ

にほんブログ村 旅行ブログ マイレージへ